遺産相続のご相談

北島健太郎法律事務所

078-351-0127

〒650-0013 兵庫県神戸市中央区多聞通2-5-16 三江ビル301

[ 営業時間 ] 9:00 ~18:00 [ 定休日 ] 土・日・祝日

lvの背景

遺産相続のご相談

神戸の弁護士 北島健太郎法律事務所の
遺産相続のご相談

top1

遺産相続をお考えの方へ

夫婦がソファで肩を組んでいる

遺産相続問題は、被相続人(亡くなられた方)がお亡くなりになる前から始まっています。
被相続人の方がどれだけ財産を持っているか、会社を経営されている場合や離婚、再婚の経験があるかなど、遺産相続をするには現在の資産状況をすべて把握し、誰にどれだけの遺産が分配されるのかを知る必要があります。
そのためには、相続対象の人数や構成、遺言書の有無など、被相続人の全てを調べなければなりません。
遺産相続をスムーズに進めるには、早い段階で専門家へご相談されることをおすすめいたします。

北島健太郎法律事務所では遺産相続問題をスムーズに解決していただけるよう、ご相談から手続きまで親身になってお手伝いいたします。

弁護士に遺産相続を任せるメリット

遺産相続を弁護士に依頼することで、事前に遺産相続に詳しい弁護士による対策をアドバイスしてもらえ、相続人の間で起こりうる問題を予防できます。
また、法的な見解からのスムーズな相続ができます。
当事務所でも「遺産は誰がもらえるのか」「どうやって遺産を分割すれば良いのか」など遺産相続に関する多くのご相談をいただきます。
遺産相続における様々な事柄を個人で対処しようとしても、無理が生じ、最悪の場合は家族間での紛争にまで発展してしまうことがあります。

弁護士がノートを開いている

弁護士に遺産相続を依頼すると、法的な見解での適正な相続がスムーズに行われ、問題発生による紛争などを予防できます。
まずはお気軽にご相談ください。

スムーズな相続をするためのポイント

裁判官の小槌

遺産相続は、生前贈与など、お亡くなりになる前から相続が出来ることもあります。
遺言書なども、お亡くなりになる前に作っておくことでスムーズに相続を済ませられます。
遺産相続をするのは富裕層の方が多いと思われがちですが、実は一般家庭の相続問題の方が多いのです。
近年では、数百万円程度の相続での問題が多くなってきております。
富裕層の方々は、事前に遺産相続の書類や遺言書などをきっちりと準備されていますが、一般家庭の方はご自分とは関係がないと思い、何も用意されていないケースがほとんどです。

北島健太郎法律事務所では、遺産相続に関するご相談をいつでも承っております。
お気軽にご相談ください。

すぐに遺産相続をしないといけない方

デスクの上のPC、手帳、眼鏡、電卓

急に被相続人(亡くなられた方)が亡くなり、遺産相続の義務が発生した方は、原則3ヶ月以内に相続をするかどうかを決めなければなりません。
これは“遺産相続放棄の期限”であり、相続税の申告・納税の期限ではありません。
こういった場合は、被相続人の方がどれ位の資産や負債を持っているかなどを調べることから始まります。
借金なども相続の対象になりますので、相続財産の調査は早急にご対応ください。
相続財産調査の終了後は、3ヶ月以内に遺産(又は負債)を相続するかどうかを決めます。

相続をする、しないに関わらず相続の手続きは非常に複雑です。
当事務所では、ご相談から親身になり、スムーズな相続が出来るようサポートいたします。

今後のために遺産相続を考える方

被相続人(亡くなる方)が急にお亡くなりになられた時のことを考え、ご家族間でのトラブル防止のため、ご存命中に遺産相続の手続きや遺言書の作成をしておきましょう。
被相続人の方はご自身でどの位財産があり、銀行や不動産といったものに関しても全て把握しておられますが、ご家族が全て把握しているかどうかは分かりません。
北島健太郎法律事務所では、ご存命中に遺言書の作成をおすすめしております。
遺言書には「普通遺言書」と「特別遺言書」、さらに普通遺言書でも「自筆証書遺言書」と「公正証書遺言」と種類がございます。

夫婦が手でミニチュアの家を持っている
当事務所にご相談いただければ、遺言書の作成や被相続人が亡くなられた後の対策も丁寧にアドバイスいたします。

費用について

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒650-0013兵庫県神戸市中央区多聞通2-5-16 三江ビル301
[ 営業時間 ] 9:00~18:00 [ 定休日 ] 土・日・祝日

078-351-0127

弁護士バッヂ

TOP