本文へスキップ

北島健太郎法律事務所

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-351-0127

ご相談・ご予約はこちら

ストレス要因の1つとなる保険会社との交渉

交通事故の被害者になったら

交通事故の被害者になったら、まずは車の所有者名義・保険会社名・保険証のナンバーなどをメモすることが重要です。加害者の方から誠意をもった謝罪を受けたとしても、後に正当な損害賠償請求をするために、事故当時の状況を実況見分書として残してもらうようにしましょう。現在は自賠責保険・任意保険にほとんどの人が加入していますので、この後に被害者と保険会社の間でのやり取りに移行するケースがほとんどです。

保険会社の言うことは本当?

交通事故被害者として保険会社と示談交渉をしたことがある方の多くは、やり取りそのものにストレスを感じることも少なくありません。保険会社も企業活動の中での交渉となりますので、治療費や慰謝料といった支出を抑えるために自賠責保険の基準に従って、過失割合や賠償額を提示してくるケースがほとんどです。しかし、自賠責保険基準は裁判所基準よりも低く、関連法令や交渉術に長けた保険会社の担当とのやり取りに納得がいかず、ストレスや憤りを覚える方もいらっしゃいます。

正当な権利を主張する

交通事故被害にあった場合、保険会社とのやり取り次第では正当な賠償を受けられないケースもあります。そこで弁護士に交通事故相談をしてみませんか?弁護士は裁判所基準に従って、交通事故被害者の方が本来受けるべき権利を主張させていただくことができます。法律のプロとして、正当な賠償額を得るためのサポートを行う存在です。

神戸市内でも様々な場面で自動車や二輪車を利用される方は多く、交通事故は決して無縁のものではありません。万が一被害者になってしまった場合には、心身の健康回復をしながら正当な権利を勝ち取るための戦いが必要であり、被害者やご家族のご負担は大きなものとなります。当事務所は神戸市や西宮市で、交通事故相談にも対応する法律事務所として、適切な損害賠償を得られるようにお手伝いをさせていただきます。

店舗写真

information店舗情報

北島健太郎法律事務所

〒650-0015
神戸市中央区多聞通2丁目5番16号三江ビル301
TEL.078-351-0127
FAX.078-351-0132
→アクセス