本文へスキップ

北島健太郎法律事務所

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-351-0127

ご相談・ご予約はこちら

民法770条の法定離婚事由

離婚問題を解決するために理解しておきたいのが、民法770条の離婚原因です。裁判離婚をする際は、民法770条で定められた理由のいずれかが必要となります。

不貞行為

配偶者の不貞行為があった場合、その行為を理由に離婚を請求することができます。不貞とは「配偶者ある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」をいいます。不貞行為があっても婚姻関係が破綻していない場合は、離婚が認められないこともあります。

悪意の遺棄

正当な理由なく、夫婦の同居・協力・扶助義務に違反する行為を指します。生活費や養育費を渡さない・家出を繰り返す・相手を追い出して家に入れないなどの行為が当てはまります。この場合は夫婦生活を破綻させたとして、悪意の遺棄を行ったことになります。単身赴任による別居・病気療養のための別居など正当な理由がある場合は、悪意の遺棄に該当しません。

3年以上の生死不明

配偶者の生死が分からない状態が3年以上継続している場合、離婚請求が可能です。生死不明の原因は問われませんが、客観的に見て生死が分からないことが必須条件です。実家には連絡がある場合・知人が生きているのを目撃したなどの場合は、生死不明には該当しません。

回復の見込みのない強度の精神病

「強度の精神病」とは、夫婦の協力扶助義務を十分に果たせない程度に達していることです。回復の見込みがあるかないかは、専門医の鑑定によって法的に判断されます。病者の今後の療養・生活について具体的な手段を講じ、今後の見込みが困難だと判断がついた上でなければ、離婚請求は認められないことになっています。

婚姻を継続しがたい重大な事由

婚姻関係が破綻しており、回復の見込みがない場合です。暴力(DV)・性格の不一致・配偶者の親族との不和・借金・浪費・性的不能・宗教活動・価値観の違いなどが該当します。

神戸市で離婚問題に関するトラブルを解決するなら、当事務所の弁護士にご相談ください。慰謝料・親権・財産分与など、離婚問題のあらゆるお悩みを解決します。神戸駅から徒歩3分の場所にありますので、神戸市・西宮市はもちろん大阪・京都からも安心してお越しいただけます。神戸市から遠い場合は、お電話でのお問い合わせも承っておりますので、ぜひご相談ください。

店舗写真

information店舗情報

北島健太郎法律事務所

〒650-0015
神戸市中央区多聞通2丁目5番16号三江ビル301
TEL.078-351-0127
FAX.078-351-0132
→アクセス