離婚問題を弁護士に相談するメリット

北島健太郎法律事務所

078-351-0127

〒650-0013 兵庫県神戸市中央区多聞通2-5-16 三江ビル301

[ 営業時間 ] 9:00 ~18:00 [ 定休日 ] 土・日・祝日

lvの背景

離婚問題を弁護士に相談するメリット

北島健太郎法律事務所のブログ

2017/08/09 離婚問題を弁護士に相談するメリット

永遠の愛を誓い合った夫婦でも、気持ちにすれ違いが生じて離婚にいたることがあります。離婚の原因は様々で、その後には慰謝料や子供の親権と養育費、財産分与などでトラブルになるケースが多いです。お互いが納得した上で離婚をするために、まずは弁護士へご相談ください。離婚問題を弁護士に相談すると、様々なメリットがあります。

 

冷静な判断ができる

どちらかが相手に不満を抱いている場合、夫婦だけで離婚の話し合いをすると感情的になってしまい、冷静に話し合いを進めることができない場合がほとんどです。

 

弁護士に相談していただければ、弁護士が夫婦の交渉窓口となってそれぞれの意見をお聞きしますので、財産分与や慰謝料などの決めなければならないことについて、冷静に判断することができます。

 

お互いの意見が対立し、話し合いがなかなか進まないことも珍しくはありません。離婚問題を長期化させないためにも、早めに弁護士へご相談ください。

 

金銭トラブルを防ぐ

離婚問題で後になってトラブルになりやすいのが、お金の問題です。離婚協議書に財産分与や養育費などについて記載していた場合でも、その内容が法的に無効であったり、養育費がきちんと支払われなかったりする場合があります。

 

お金は生活に関わることなので、できるだけトラブルには発展させたくないものです。弁護士がお互いに合意した内容を法的に有効な形で残すことで、このような金銭トラブルを防ぐことができます。また、相手からの不当な要求を止めることも可能です。

 

親権についても適切な対応ができる

夫婦間に子供がいる場合、どちらが親権を持つかを決めなければなりません。親権は母親が持つものというイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、近年は積極的に子育てに参加する父親が増加しているため、父親が親権を望むケースが増えています。

 

双方が親権を希望した場合は、経済力や生活環境などを客観的な視点で見て判断する必要があります。弁護士へ相談していただければ、適切な判断をするためのサポートをいたします。

 

神戸市にある当事務所では、離婚問題の相談を承っております。「離婚の話し合いが進まない」「離婚問題を早く解決したい」といったご相談は、当事務所へお任せください。神戸市だけでなく、西宮市や芦屋市にお住まいの方もお気軽にご相談ください。

 

TOP