離婚するのにどれだけ時間がかかりますか?

北島健太郎法律事務所

078-351-0127

〒650-0013 兵庫県神戸市中央区多聞通2-5-16 三江ビル301

[ 営業時間 ] 9:00 ~18:00 [ 定休日 ] 土・日・祝日

lvの背景

離婚するのにどれだけ時間がかかりますか?

北島健太郎法律事務所のブログ

2016/06/17 離婚するのにどれだけ時間がかかりますか?

ふつう、協議離婚であれば、離婚するのに何の手間もかかりませんので、離婚届を提出すれば、それで終わりです。ですので、即時離婚できるといえます。もちろん、二人が合意できればの話なので、合意するまでの期間がどれくらいかかるかは夫婦それぞれです。ですから、どちらかが離婚したいと思ったとしても、二人が合意できるまでの期間はわかりませんというしかないです。協議で合意できない時に、調停で離婚することも考えられますが、その場合は、離婚できるとして早くて3、4か/、かかって通常は8か/くらいでしょうか。平均的に6か/くらいで調停は終わることが多いです。ただし、私自身は1年程度かかった事案も何件かやったことがあるので、これも一概には言えませんね。裁判離婚ということになると、調停がまず不調で終わってからということになりますので、調停を即日不調にしてもらったとしても(なかなか即日不調というのは難しいですが)、調停を申し立てて調停が始まるまで1か/はかかるので、その分が余分にかかります。裁判離婚だけでも、半年から1年は見ておかないといけません。なぜ、こんなに時間がかかるのかというと、お互いの主張したいことを書面でやり取りしたり、財産分与などを一緒に申し立てたりして、その調査に時間がかかったり、慰謝料請求をしたりして、泥沼の主張合戦に陥ったりするからです。とはいえ、最終的には、離婚の合意ができない以上は、裁判離婚にまで持っていかなければ離婚できませんから、ある程度時間がかかるのは覚悟しなければならないということですね。ただし、統計的にみると協議離婚が7割以上を占めていますので、裁判離婚まではなかなかいかないことが多いということでしょうか。

TOP